おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
削除キー (英数字8文字以内)   情報を保存
画像認証 (右画像を入力) 投稿キー

ホーム 宝ヶ池で躍動してください

開幕戦の映像をみました。

降雨中の肉弾戦に挑んでよく耐えきったと思います。
6月の摂南大戦のほか、網走での東海大戦が良い
サンプルになったのかな。

また合宿後即シーズンの日程も同志社にとっては
ラッキーなのかも知れません。

前半はシブトイ防御の継続で相手反則を誘い
十八番の(BK参加の)モールなどで確実に得点。

ただ、相手8番らの走り込んでの突進/ディフェンス
にはジワジワ身体にダメージが蓄積され早めに足が
止まるのが代償。なので失点が半分ならさらに
良かったんですがこの戦術だとやむを得ないように
思います。

摂南大は自分が思っていたより「けっこう強い」
感じでこのあとの他大との対戦結果も興味深いです。

次節の近畿大学も勢いのあるチームですが
良い精神状態で自分たちのゲームが出来れば
勝ち目は十分。

今シーズン唯一のホーム? 宝ヶ池を
是非わかせてください。

ここ数年のことがあるので
スクラムでペナルティをとるところを見ると
(昨年立命館戦でシンビンまでとられた栗原君
なんかはメチャ努力して強くなったんだろうなぁと)
心地良いんですが、リアクションスピードの高い
プレーももっとみてみたい。

期待しています。
三山木善入山 2019/09/02(Mon) 16:03 No.1071

おはようございます

近大−立命戦、オンデマンドで見終えました。
近大、会心のゲームでしたね。(おめでとう)

近大は基本FWの細かいパスで常に相手タックルをズラしてオフロードパスかラックでボールを動かし、
スピードで裏に抜けた場合はかならずフォローが付いてボールキャリアーがパスを出すアタックですけど、
立命戦前半では面白いように裏に抜けてのトライを量産しました。

ディフェンスの良さは相変わらずですし、7月の摂南戦と比べてスクラムの危機管理もしっかり準備してきた感じで、
【992】で楽苦美偉さんがご報告くださった、日大コーチの近大スクラムへの好評価も肯けるところです。

ただ、その摂南戦と同様に後半、特にディフェンスのパフォーマンスが落ちる弱点は抱えたままのようですね。

それにしても、立命は近大情報を研究したのかな?
もし研究してのあのやられ方でしたら、近大のアタックが凄すぎる〜なわけですが、
どこか「抜けちゃって、パスして行けちゃったよお」的なんで、「研究、サボったか」と思わないではありません。


同志社は前半、オフェンス、ディフェンス関係なく、どれだけ近大に圧をかけて、消耗させられるかですね。
それが弱ければ第一節同様の点の取り合いになるかも知れませんし、
万が一でも立場が逆になれば、当たり前のことですけど危ないと思います。
でも、FWの細かいパスはこの春、同志社も多用したことがある戦術ですので、
立命の二の舞を演じることは考えにくい気がします。


山本主将の・・・
「後手に回ってしまったことは少しでもチームの誰かが一歩引いてしまった結果だと思いました」
に尽きると思いますので、
近大戦では一試合通じてプレッシャーを掛け続けることを目標に頑張っていただきたいですね。


京産大−関学戦はまたゆっくり見よっと♪
水谷 2019/09/02(Mon) 07:45 No.1070

アトム(開幕戦)


http://doshisha-atom.net/headline/result.php?linkno=3&no=3679

◆萩井監督のコメント

しっかりと良い準備をして臨めました。
アグレッシブな攻めに出てこられた摂南大学さんに、
なんとか選手の頑張りで勝ちが転がり込んだのだと思います。
前半から攻めてくることは分かっていました。

摂南大学さんも激しく、ミスなく来られたので
本当にハードなゲームでした。
今まで取り組んできたFWの頑張ってきた成果がでました。
ずっと厳しい相手が続くリーグ戦なので、
もう一度開幕戦だと思って、準備をして
来週を迎えたいと思います。
楽苦美偉 2019/09/01(Sun) 22:46 No.1069

おはようございます

摂南は相手ディフェンスの乱れをタテの圧とスピード、それにハンドリングでトライするチームなんで、
前半の2トライは「摂南ちゅうのは常にあれくらいのポテンシャルがある」ということとして、
同志社のディフェンスに粘りがあって、ラインを維持し続けたのが摂南には完璧と言うか、好感大でした。
ちなみに「粘りがあった」というのは、個々がファイトできていたということだと思います。
ゲインラインを基本、越えさせなかったもんなあ。

一方、後半は疲れたのかな?目に見えて接点で受け始めて、ラインの規律を守れないことが多くなりました。
ディフェンスの圧とファイトが少し影を潜め、その「少し」が摂南の形を引き出したイメージですね。

両チームの好いところが見れて、楽しかったです。(皮肉じゃないですよ)
雨も思わせぶり程度で愛嬌があったしな。


選手権を勝ち上がるにはどのチームもまず、ディフェンス。
その練習のキツさを越える覚悟があるかどうか、ですね。
水谷 2019/09/01(Sun) 08:34 No.1068

(誤字修正です)

×自力  〇地力
学館裏のデューク 2019/08/31(Sat) 23:26 No.1067

山本組はいいチームです。

なかなかひやっとしましたが、勝利は何より。

モールトライやスクラムトライ、FW中心のトライばかりでしたが、自陣ゴールラインを間近にしながらBK展開し、
和田君がするすると持ち込んだトライは、まさに”お帰りトライ”でした。
攻守ともに目立ったのは、弓削君と和田君ですね。タックルもラックもトライも、6番が何人もいるようでした。
前半は良くタックルできていて、タックルをテーマに準備していたかのような試合運びでしたね。
摂南の3外人も試合最後のほうは、さすがにへとへと感があふれかえっていました。
でも、同志社の体力も後半落ちてきて、前半統率が取れていた動きが弱まり、
いつまでも突破をし続ける摂南のタフさに、ぎりぎり自力で勝利したというところでしょうか。

今日(今年?)の同志社は、統率が取れているときは確実に競り勝てています。
昨年のようなスターがいない分、才ではなくチーム力を確実に高めようとしている方向性、でしょうか。
ただ、スピード感が相変わらず弱いと思います。
昨年の明治や、第二試合の天理を見ても、強く、早い。意図した試合運びだとしても、
今のままでは全国4強にはとても敵わない。是非いろいろ(戦術も選手も)試してみてほしいですね。

ちょっと面白いなと思ったのが田村君の動きでした。ふと気づくとあっち行って、こっち来てみたいな全体を見ながらのポジション取りが目につきました。
あとは意外に激しかった山口楓斗君のガチンコタックル。

意外に雨には結構降られましたが。
学館裏のデューク 2019/08/31(Sat) 23:23 No.1066

勝って反省を

vs摂南大学
○52-40

前半 35-14
後半 17-26

終わってみればトライ数7-6と1トライ差。
後半やられたなぁ。

原田君のゴールキックが完璧で救われた。

明日の近大戦 しっかり分析して
来週の第2戦 綿密な準備と対策を。
楽苦美偉 2019/08/31(Sat) 21:33 No.1065

心臓に悪い

52-40
一度もリードされることは無かったですが
7点差まで詰め寄られた時は
昨年、一昨年の悪夢が一瞬よぎりましたね(苦笑)

何はともあれ両校選手、スタッフ
そして観戦者の皆様 お疲れ様でした(^-^)/
楽苦美偉 2019/08/31(Sat) 17:49 No.1064

沢木氏

前サントリー監督で、エディ日本代表時代に
コーチングスタッフとして入閣していた
沢木氏のインタビュー記事です。

今 現場で一番 言語化出来る方ですね。

https://friday.kodansha.co.jp/article/62463 

同志社もそろそろ同大出身者に拘らず
経験と最新のラグビー知識・情報・人脈をお持ちの方を
招聘出来ると良いんですけどね。
短期間でもコーチングしてもらえると
かなり改善される気がします。
楽苦美偉 2019/08/31(Sat) 12:35 No.1063

おはようございます

小松さんのインタビュー記事を有難うございます。

天理が関東と切磋琢磨できている間に関西他チームは頑張らないとね、ですね。
こんな有難い「目標」はないですもの。

同志社の責任は関西リーグの歴史を考えるとありまくりだわ。
以前は「責任」の面でいろいろ熱い言葉を聞いたり、見かけたりしたもんですが、
最近はそういう声さえ小さくなった感じ。

春からどれだけ強く、うまくなったかな?
今日のゲームで、天理を追う明確な意志を学生たちが見せてくれるかどうか。
スタッフを含めた、学生たちの自己表現のかたちを楽しみにしています。
水谷 2019/08/31(Sat) 07:10 No.1059

今年の天理は未完成な分、伸び代有り

天理 小松監督のインタビュー記事

https://rugby-rp.com/2019/08/30/domestic/39730/amp?__twitter_impression=true

今年のチームをどう見ているのか、が判ります。

関西でもっと高いレベルで切磋琢磨しないと、
というのは同志社にも責任の一端有りますね。。
楽苦美偉 2019/08/30(Fri) 14:43 No.1058

ありがとうございました

楽苦美偉さま、

みつけました。
ありがとうございます。
パンダ 2019/08/30(Fri) 13:11 No.1056

明治 田中監督のインタビュー記事  後編

エディに学んだ
「ゲームに出られないメンバー」が
果たすべき役割

https://victorysportsnews.com/articles/7482/original

明治 田中監督 インタビュー記事 後編です。

周囲の人材という意味で 環境に恵まれたというのは
あるでしょうが、御自身に感じ取れるセンスが無いと
気付かず通り過ぎてしまいますからね。
そういう意味では、やはり田中監督御自身も
大した方です。あらためて。
楽苦美偉 2019/08/30(Fri) 12:59 No.1055

関西協会のHPでご覧下さい

http://rugby-kansai.or.jp/

パンダ様

開幕戦メンバーですが、関西協会のホームページで
閲覧出来ますよ。

古城君は東海大戦のケガで欠場ですね。

摂南の大きな外国人を止める為に
体格の優れた江金君に期待していたのですが
リザーブにも名が無く残念。
楽苦美偉 2019/08/30(Fri) 10:44 No.1054

お尋ねします

楽苦美偉さん、

1050の摂南戦スタメンは、楽苦美偉さんの予想ですか?
それとも、公式に発表されたものですか?

公式に発表されたものだったら、そのHPを教えていただけませんでしょうか。
パンダ 2019/08/30(Fri) 09:36 No.1052

おはようございます

同志社、いよいよですね。
メンバー図、有難うございます。すごく分かりやすい。

「ボール支配率で対抗」、なるほどです。
そのためにはディフェンスで単調に受け続けたら負け。
澤田、辻井、古田、山本、藤本のアナリスト諸君がどれだけ活躍してくれるか、
そこも重要なポイントだと思ってます。


週間ダイアモンドを読み始めてます。
情報の宝庫でメッチャ面白いです。
ラグビー以外でも興味ある話が載ってて、ラッキー!でした。

池井戸さんのご本も取りあえず「買い」やな。

下の方【1027】で「ドラマは未定なんですけど」と言ってますけど、
あれ、「ドラマは見ていないんですけど」の打ち間違いでした。(笑)
水谷 2019/08/30(Fri) 08:24 No.1051

開幕戦メンバー

摂南大学戦スタメン

    1田中翔 2橋本一真 3栗原勘之
      4松野泰樹 5平澤輝龍
      6弓削周翼 7堀部直壮
         8服部綾

        9人羅奎太郎  
        10田村魁世
11山本雄貴 12倉岡治輝 13和田悠一郎 14原田健司
         15山口楓斗

◆リザーブ
16奥田啓太 17六車高寧 18真山文一
19嶋ア晴也 20木原音弥 21桑山太一
22谷川司 23稲吉渓太
楽苦美偉 2019/08/29(Thu) 23:33 No.1050

やってくれるはず

開幕戦のメンバーも発表されイヨイヨ本番の時が
きました。有望な二回生も入っていて楽しみです。

過去苦戦が多い開幕戦で留学生がスタメンに三人いる
摂南大学は難儀な相手。

留学生のアタックにはボール支配率で対抗。
同志社のキック多用は危険な香りがします。
ボールを長く持ってる同志社は相手には嫌なハズ。
最初の10分間で失点せず先制できれば。
FWはセットプレーで優位にたって、
BKにはトライゲッターになって欲しい。

6月9日の模擬試験は秋本番の糧。

やってくれるはずです。
三山木善入山 2019/08/29(Thu) 23:32 No.1049

ラグビーマガジン

今月タイミングを逃して今日ようやく
ラグマガを購入しました。

巻頭の特集で清宮副会長とブレーン2人
境田氏とスポーツ法務の専門家 小塩氏が
プロ化の構想に関して3頁に渡って語っておられます。
非常に分かり易いですね。

今月号は大学ラグビーの選手名鑑が付録ですので
是非皆さんも御購入なさってみては。

選手名鑑で思い出しましたが、関西リーグの
後半戦の同志社の試合は4戦全てJスポの放映が
予定されていました。ひと安心。

Jスポ・オンデマンドで全戦配信ですけれど
それはそれで有難いですけど、やはり
放映の方が良いですよね。

今日 日本代表メンバーの発表がありました。
いよいよですね!
開幕まで一ヶ月を切ってるなんて
心の準備が追いついていません(笑)
楽苦美偉 2019/08/29(Thu) 22:25 No.1048

補足です。

ちなみに水谷さんからご紹介の
トップリーグ改革案の記事ですが
清宮氏がプロリーグ(と社会人リーグの併設)
構想をぶち上げた時に、アッサリと

「ご破算です」(^O^)v

詳しくは下記に。

https://friday.kodansha.co.jp/article/58599
楽苦美偉 2019/08/29(Thu) 12:44 No.1043

プロリーグと社会人リーグの併設

清宮副会長の構想は完全プロのリーグと
社会人リーグの併設で、どちらに所属するかは
現行のチームに趣旨説明の上で決めていただく
というものです。

パナソニックは飯島さんが早々にプロリーグの方への
参加を表明されてます。
清宮氏の思惑ではワールドカップの12会場をホーム
とするプロチームのリーグとしたい、という事ですが
飯島さんは8チームがホーム&アウェーで2回戦う形が
現実的か、と所見を。(週刊ダイヤモンドより)

下記はラグビー選手会が日本協会と意見交換会を
行った際の清宮氏の発言まとめ、です。

https://www.japan-rugby-players.com/topics_detail21/id=724
楽苦美偉 2019/08/29(Thu) 12:35 No.1042

おはようございます

恥ずかしながら、
「トップリーグのチーム1つの年間維持費が約15〜16億円。それに対して収益は限りなくゼロ」とお聞きして、
「そんなことあり得んの?(疑問形じゃないです)」と思いながら清宮さんの「展望」を拝見しながら、
TLの太田治チェアマンの「TL新フォーマット」とはなんじゃ?の疑問が湧いて検索、
https://rugby-rp.com/2019/07/01/domestic/36939/3
これを読みました。

インタビュアーさんの鋭いタックルと押し込みにたまらず、
「メディアのみなさんも含めて、いろんな意見やアイデアがあればご教示頂きたい」
なんて反則をチェアマンさんが犯しちゃいました。

TL全体の運営はプロ化、各チームの運営はこれまで通りの企業負担のようですから、
冒頭の「現状」を表してるんやろな・・・と。

今どき、こんな夢のような殿様商売があり得るんですね。
日本協会の政治力に驚くばかりです。
でも、これで未来永劫いけるならそれはそれで1つの選択肢でしょうが、もう無理ですね。
だって、何も知らない私のような者でも、東芝ラグビー部の先行きは心配でしたもの。

法人化してTL主導の改革をしたいチェアマンさんと日本協会主導での改革を進める清宮さんたち・・・。

太田チェアマンの描かれる絵は、
「徹底した集客施策によって満員のスタジアムを実現することで、さまざまな価値を向上させ、収益増加、投資促進を導き出したいと思います。
それがファン(競技者増)を生み出し、価値が向上するスパイラルとなる絵」ということでして、
その出発点である「徹底した集客施策」をいったい誰がやるねん?がポイントっぽいですね。

でもなあ、チーム(選手)の運営負担を各企業に押しつけて、集客施策は私らがやりますというのは、
なんか「美味しいとこ取り」に映らないでもありませんね。
そもそも、一番の価値(選手)を握っている企業と資金面でも共存共栄しないことには、
持続可能性は見えて来ないと思います。

でも、皆さん危機感は共有されていますので、自身のプライドなんかすっ飛ばして、
力を合わせて、日本ラグビーの未来に尽力してほしいです。


明治の田中さんが「新たにプロリーグを発足させる構想もあります」と、
早くもワクワクしておられるのが現場の正直なお気持ちなんでしょう。

いろんな情報を本当に有難うございます。
水谷 2019/08/29(Thu) 08:23 No.1039

プロ化の意味

プロ化に関してベイ池田氏の所見

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190828-00010001-victory-spo

御本人が一番そう簡単なものじゃないと
痛感してらっしゃるかと。
楽苦美偉 2019/08/29(Thu) 08:11 No.1038

#勝ちたいなら菅平

◆聖地を語る  明治 田中監督

https://www.instagram.com/p/B1tPpFAAaup/?igshid=fsop974q8ptt
楽苦美偉 2019/08/28(Wed) 22:42 No.1035

アトム

関西リーグ開幕に向け、アトムです。

https://news.jsports.co.jp/rugby/article/20190310217323/
楽苦美偉 2019/08/28(Wed) 20:26 No.1034

スポーツビジネスのプロ招聘に期待

「私はイノベーション担当」新任の清宮副会長、展望語る

 https://rugby-rp.com/2019/07/01/domestic/36985


既報のベイスターズの池田氏は残念な結果
且つ 氏に大変失礼な事態になっていました。

ラグビー協会の誰が招聘したのか、池田氏が辞任後も
任命者は のうのうと協会に居座り続けたであろうと思うと
腹が立って仕方がないですね。

今回の協会幹部一掃の中で 一掃された側に
含まれている事を切に願います。

もう外部からのスポーツビジネスのプロ招聘は無理か
と思われていた矢先、清宮副会長の肝入りで境田氏が
協会スタッフに招聘されたと聞き、我が耳を疑いました。

2016年発足(統合)のプロバスケットリーグ=Bリーグを
右肩上がりも右肩上がり、凄い勢いで急成長させた
立役者という記事を朧げに覚えていたからです。

下記数字は週刊ダイヤモンド誌 最新刊からの抜粋ですが
既にBリーグは総入場者数でも協会収益でも ラグビー協会を
凌駕しています。 ここ数年だけで!

 Jリーグ 協会収益:476億円 年間入場者数:1,060万人
  Bリーグ 協会収益:86億円 年間入場者数:259万人
 Tリーグ 協会収益:65億円 年間入場者数:46万人
 (ラグビートップリーグ)

チケット収入、リーグ分配金、スポンサー収入、グッズ販売収入
これらがラグビーとはケタ違いです。

根本的な原因を境田氏、作家の池井戸氏も口を揃えて
「誰が購入しているのかラグビー協会は判っていないし
また、知ろうともしない」

スポーツビジネスに限らず今やどの業種業界も
顧客を個客として捉えたOne to Oneマーケティング花盛りです。

購入者が男性、若者で単独観戦に来ている事が多いのか
それとも主婦で小さな子連れで観戦に来ている事が多いのか
自ずと その方へのアプローチ(広告や販促)も変わってきます。

サッカーJリーグはデジタルマーケティングを徹底活用して
顧客の属性という意味での「顔が見える」段階まで到達している
のは知っていましたが、Bリーグも最早 その域まで届いています。

ターゲットが明確になっている顧客データはそれだけで価値が
ありますからスポンサーも付きやすく、好循環になります。

翻ってラグビー協会。
『ノーサイド・ゲーム』でも重要な処として語られていましたが
トップリーグのチーム1つの年間維持費が約15〜16億円。
それに対して収益は限りなくゼロ。
完全に企業の持ち出しで、収益構造が成り立っていません。

清宮副会長はここに外部よりスポーツマネジメントのプロ
境田氏をブレーンとして切り込もうとしています。
期待しか無いですね!
楽苦美偉 2019/08/28(Wed) 16:45 No.1033

おはようございます

そう、それ!池田さんです。有難うございます。

「何事にも異論を唱えるのが是とされる組織でなければいけません」
改革を本当に望むなら、前提の的のド真ん中を射抜くような当たり前のことなのに、
沈滞を続けた組織は別の的をそれぞれ後生大事に持っていますので、そもそもそんな的を持っていないし、
下の者が思っても、「持とうよ」とは恐ろしくて言い出せない、
言い出すにはそれこそ、個人的にルビコンを渡る覚悟がいるのかも知れませんね。(妄想、妄想)

それにしても、他人の人生を軽挙で乱しても誰もが口をつぐんで恥じない。。
絵に描いたようなヒエラルキー型組織の臭いが・・・。


田中さんはリアリストであり、ロマンチストというか詩的な魅力あふれる方ですね。

「ベース――首の強さ、コアの強さ――ができる前からテクニックのことを話す傾向は、少し危険」
と仰る辺りはまさしくリアリストですし、続けて、
「このあたりの意識は、変えないといけません」
と仰るところに細心の危機管理者の好い意味での臆病さもお持ちです。

Bメンバーに「ルビコン」と名付けるなんて、武骨なラグビー脳には珍しい?くらいに詩的ですね。
「Aに上がりたければ覚悟が要るよ」のメッセージが込められているようで素敵です。
(田中さんの銘々かどうか分からん妄想御免です)

いずれにしても、八幡山方面からは素敵な匂いがします。


境田さんのお話、楽しみにしてます♪
水谷 2019/08/28(Wed) 08:19 No.1032

明治 田中監督のインタビュー記事  前編

明治を23年ぶりの日本一に導いた指揮官は、
いかにチームを変えたか

https://victorysportsnews.com/articles/7473/original

明治 田中監督のインタビュー記事 前編です。
明治の強さ、層の厚さの一端が垣間見えます。
楽苦美偉 2019/08/28(Wed) 00:21 No.1031

ラグビー村

水谷さんがおっしゃっていたお話
他分野での経営のプロを招聘しても ラグビー村が排除した
というのは下記 池田氏の事ですね。

◆ベイスターズを蘇らせた男が挑む「ラグビー界再建」 |

  https://diamond.jp/articles/amp/152332

◆彼らは「改革」など望んでいなかった。
 私はなぜラグビー協会を辞めるのか。

  https://number.bunshun.jp/articles/-/830359


前者が着任した時で、後者が僅か1年にも満たない中で
辞めざるをえなかった時の記事ですね。

ラグビー村の課題が凝縮されています。

私もこの件には落胆しておりました。
誰がどう見てもスポーツビジネスのプロが協会に必要な状況下
旧態依然とした「村の慣習・因習」に因り
ヤル気の有る改革者を除外してしまった事で、日本協会は結局
何も変革を望んでいないという事が明るみに出た一件です。

ところがワールドカップイヤーになり予想外の動きで
会長を始めとする協会人事が刷新されました。
本来ならばワールドカップ開催直前にトップが交替する
なんて異例中の異例です。(スキャンダルでも無い限り)

顔ぶれを見ても 森重新会長、清宮新副会長、岩渕新専務理事と
ラグビー村の住人の中では 最も改革に適した人材の選出です。
(個人的には 坂田関西協会会長も適任だと思っておりましたが)

ワールドカップという壮大な「宴」が終わった後も
日本のラグビーは続きます。
遅いのは遅いですが、それでも開幕前のこの時期に
自浄作用が働いた、というのは
ギリギリ踏みとどまった印象です。

ラグビー村 以外からのスポーツビジネスのプロを招聘した話は
あらためて。(プロバスケットボールを軌道に乗せた境田氏)
楽苦美偉 2019/08/27(Tue) 15:53 No.1029

おはようございます

昨日、週間ダイアモンドを注文しました。届くのを楽しみにしてます。

去年だったかな?
ビジネスの世界で有能なお若い方を引っ張ってきたにもかかわらず、
飼い殺し的に何もさせずに結局1年で辞任された的な話をどこかで目にするわ、
サンウルヴズがスーパーラグビーから切られるわなど、何をやりたいのかさっぱりわからなかった日本協会ですけど、
清宮さんなど発信力、構想力に優れた人々が権力を持たれて、「お?何をやってくれるんかな?」なワクワク感が自分の中で出始めました。
この人たちのキ●タマは小さくなさそうで・・・。


さっそく、完全プロリーグの発足をぶち上げたそうですね。
もしこれが成功すると、大学リーグはいろいろ影響を受けるだろな。
優秀な人材を高校から持っていかれるのは避けられないでしょうから、
さてさて、各リーグの価値をどんな形で維持し、上げられるか。

日本協会の危機感が大学リーグの危機感に波及すれば面白いですね。
性格的に「なにか変わるかも!」というのにワクワクします。


池井戸潤さんの「ノーサイド・ゲーム」も買っちゃおうかな〜と思ってます。
ドラマは未定なんですけど、ちょっと日本の企業や組織に興味があって、楽しんで読めるならいいね!・・・と。


少し慌ただしくてゆっくりできなくて、すみません、「アナリスト」はメッチャ好きな分野です。
水谷 2019/08/27(Tue) 07:15 No.1027

アナリスト

最新号の週刊ダイヤモンド誌ですが
特集「熱狂! ラグビー」です!

100年以上の週刊ダイヤモンドの歴史の中でも
第一特集にするのは初めての事だそうで。

躊躇わず購入して読みました。
ラグマガなどの専門誌とは違う視点・切り口が
大変面白く読み応えありましたね。

話題作『ノーサイド・ゲーム』がダイヤモンド社
の刊行なので著者の池井戸潤氏と清宮副会長
そしてバスケットボールをプロ化し清宮氏の
ブレーンのひとりとなった境田氏の3人の対談も
トップリーグのプロ化という超ホットなテーマで旬です。

ちなみに昨日『ノーサイド・ゲーム』も読了しましたが
噂に違わぬ力作で前述の対談では書き上げた600枚を
ボツにしてあらたに書き直した、との事でした。

日本協会に対する辛辣な物言いは痛快ですが、
ソレが故に この超話題作とコラボしたような企画や
取り組みが日本協会に無いような気がしないでも
ありません。何となく。
(想像ですが。もしそうならキン●マの小さい話で)

https://t.co/IYmNpeqI6E
(https://twitter.com/diamondweekly/status/1164010627167244288?s=09)

『ノーサイド・ゲーム』でもアナリストが出てくるのですが
AIやIT技術を用いた科学的な分析が驚く程 進んでますね。
明治大学の八幡山でもドローンがずっと飛んでました。
選手個々人には背中の首元にGPSが取り付けられ
走った距離やコース取りなどが白日の下に晒され
サボれなくなっていますし(苦笑)

昨年の大学選手権決勝戦後の明治側の談話を以前
目にしましたが 選手としては個人の力量として限界を
感じた方が、それでもチームに貢献出来ることとして
アナリストに転じ、ざっくり言うと天理が丸裸に
されていました。
Bチームに天理の癖を覚えた動きを演じてもらい
Aチームが対峙し何処に穴が出来るか、スペースが
出来るか、を事前の練習で共通認識として
チームに落とし込まれていたようです。

先日 水谷さんから天理の小松監督のイベント記事の
ご紹介がありましたが、明治がもう一段 練習のギアを
上げてきた というのはこういう処だと思います。

追記 ちなみに同志社も4年前 選手権花園で早稲田に
完勝した近年の中では最高の試合が有りましたが
(銀ちゃんのフルバックが神懸かっていた試合です)
あの試合は事前にBチームが仮想 早稲田となり
徹底した対策をした上で臨んだと何かで目にしました)

田辺にドローンが飛んでいるかどうか存じ上げませんが
同志社も現状の環境下では やるべき事をやっている
ハズなんですよね。。。
楽苦美偉 2019/08/25(Sun) 18:58 No.1026

おはようございます

日野さん、本当にすごい!ですね♪
ゲームは5点差で届かなかったようですけど、楽しかったやろなあ。
これまでにない景色を見られて、しかもそれはご自身でつかみ取られた景色ですもんね。

短期契約が満了して、さてさて、日本に帰って来られるかな?


京産は仕上がりが遅いイメージがありますので、
リーグ戦1か月半のブランク期間を最も有効活用するのは、天理以外では京産が筆頭かも〜と思ってます。

戦力層の厚さ合戦では、京産大は絶対に勝てないでしょうね。

いよいよ、リーグ戦の開幕です。
同志社はしっかり好い準備をして、まず摂南戦を勝ち切る。
とにかく一戦一戦、一分一秒、一人一人が集中力を切らさず自分の責任と連係の責任を果たし切る。

最初の3戦を期待値以下の漫然で過ごせば、続くブランク期間も絶対に有効活用できないと思ってます。
同志社のばやい。
水谷 2019/08/25(Sun) 06:12 No.1024

来週の開幕が待ち遠しいですね。

日野選手 渡仏して開幕ボルドー戦スタメンですね!
フランスリーグ昨年のチャンピオンチームですよ。
トゥールーズ。
正フッカーが代表招集で不在とはいえ凄いですね。
英語じゃなくてフランス語という言葉の壁も
何とかクリアして活躍して欲しいですね!

京産B7-85明治B 圧倒されましたね。
メンバー表を見た印象では FWはAリザーブでBKsはAメンツ。
明治も後半はAメンツ数人とAリザーブが名を連ねました。

明治も直前の慶應戦が良いクスリになったでしょうし
ひとたびスイッチが入れば やはり強いですね。

試合を直接観ている訳では無いので何とも、ですが
今年の京産どうなんですかね?
大西監督ラストイヤーという事で まとまり易いとは
思いますけど 今の処はそうでもないのかな?

怖いのは寧ろ近大ですね。
先ずは春先に負けている摂南ですが。
開幕2戦 いきなり正念場です。
楽苦美偉 2019/08/24(Sat) 17:04 No.1023

おはようございます

田中監督の談話、有難うございます。
「う〜わ、優秀なコーチやなあ!」とビンビン思いました。

「力的には1本目のメンバーの方が力は持っていますが、それだけではラグビーって決まらないので」
と言って、これを「ラグビーの魅力だと思う」と言い切るところがお洒落というか、カッコイイですね。

「結局、そういうところが、戦えるか戦えないかの見極めになる」として、
開幕戦のメンバー選考で学生にプレッシャーと希望を与えてるのも素敵です。

レベルの高いラグビーが構築されたチームであっても、最後までメンタルの課題は付いて来るんでしょうね。
やっぱり人間がやる事やもんな、それもスポーツ界最多?人数のメンタルやし。

似たような話ではあるかな?
https://joyous-life.net/archives/4230
トークイベントでの小松監督の「自分が甘かった」です。


楽苦美偉さんの洞察のお力にも感服です。
水谷 2019/08/24(Sat) 06:15 No.1022

明治 田中監督の談話

https://www.meijirugby.jp/matches/detail36/report/

慶應義塾戦 敗退に関して明治 田中監督の談話です。

マインドセット含めての準備不足。

予想もあながち 的外れでは無かったかも。
楽苦美偉 2019/08/23(Fri) 18:58 No.1021

集中力とモチベーションの欠如?

京産ですが、明日24日 明治とB,C戦が有ります。
A戦は無いですが、B戦の前半にAメンツを揃える
可能性はあると思っています。

明治に対するライバル心は相当なものですから
気持ちが中央大学戦ではなく こちらに向いていた虚を突かれた
という処でしょうか。丸っきり想像ですけど。

明治が慶應義塾に敗れた一戦にしても 7/6に日吉で
相まみえたばかりで(明治27-14慶應義塾)
このタイミングでの再戦は明治としてモチベーションが
上がってなかったのかも知れませんね。

立命館・天理に敗れて後が無い慶應がこの明治戦にかける想いと
何となく試合に臨んでしまった明治との差という事でしょうか。
これも想像ですけど。
楽苦美偉 2019/08/23(Fri) 12:41 No.1020

無題

以前、部の情報発信力のお話がありましたけど、
京産大のラグビー部にはもちょっと頑張っていただいてもいいですね。
ファンのガチAの方々ばかりではなく、私らBメンバーもおりますんで。


10年ほど前は同志社がHPの更新遅れで苦しんでました。
ファンの方がOBにブツブツ言われて、OBが現場にどうなってんねん!と仰る、
こんな構図に現場が苦しんでいたようです。
それに鍛えられたわけじゃないでしょうけど、結果的に今は「充実度選手権優勝候補」の常連になりましたね。

ちなみに反比例的に戦績が低迷してますけど、これと広報との関係はないですからね。
「HPが充実しても、肝心のラグビーが弱かったら意味ないやろ!」の声が耳の中でしましたので、
返事しとこ。
水谷 2019/08/23(Fri) 06:23 No.1019

おはようございます

怪しいですねえ。
いま雨とともに遠雷が響いていまして、たぶん神山方面からやな。

京産のメンバーは4日前の日体大戦と比べて、ガチAメンバーはちゃんと出ているようですし、
ゲーム疲れといっても、そのガチAたちは前半だけで交替でしたからそれはないでしょうね。(ツイッター)

京産大の学生がグレることは考えにくいので、
ハードな練習+ゲームでお疲れ様くらいしか思い付かないですね。

さてさて、元木さんが怒っておられるかどうか・・・。
水谷 2019/08/23(Fri) 05:51 No.1018

今日も驚きの試合結果

上賀茂神山方面も雲行きが怪しくなってきました。

今日菅平での中央大学との一戦。

京産A40-42中央A (前半14-28 後半26-14)

後半追い上げましたが最後の最後で万事休す。

中央は今夏 4日前ですけど立命館に22-68で大敗してますので。

京産どうしちゃったんですかね?
楽苦美偉 2019/08/22(Thu) 18:37 No.1017

おはようございます

ん?八幡山方面も謎めいてきたかぁ?
有難うございます。

いろんな情報をアップしてくださるお陰様で、
「慶応はまあ、対抗戦ではちょい下レベルやな」とつい一昨日思った尻からこれですもんね。
ミステリアス慶応です。

今年も対抗戦は大盛りあがりでしょうね。
羨ましいな。


気がついたら、同志社はもう来週末ですね。
前半の3戦用に、とりあえずディフェンスを集中的に鍛えてくれてたらいいんだけどな。
水谷 2019/08/22(Thu) 05:47 No.1016

- LightBoard -